クリニックと総合病院どちらがいい?

hospital

規模や形態によってどちらがいいとは一概にはいえませんが
夜勤がつらいので今勤めている病院の外来勤務にしようか、それともクリニックどちらがいいのか悩む方がいるようです。

クリニックと総合病院の外来の違いを見てみましょう。


人間関係に気を使う

一番は、人間関係の違いかもしれません。
だいたいのクリニックは、固定休であり病院のように人事異動がありませんので
日々同じメンバーと長期間にわたり一緒に働くことです。

チームワークがいいといいのですが、一度人間関係が崩れるとかなり面倒です。
家族経営をしているクリニックですと、さらに人間関係に気を使わなければいけないようです。


勤務形態の比較

勤務形態でみると、総合病院の場合は、
夜間・休日はは救急外来当番をやらなければいけないところが多くシフト制になります。

夜間の救外対応は、場合によっては免除してくれるところもありますので相談してみるといいでしょう。

大半のクリニックは日勤のみで、受診者のニーズに合わせて夕方遅くまで診察時間が組まれており、19時〜20時ぐらいまでが就業時間となります。

その分、昼休みが2時間と長くなっています。
同じクリニックでも健診専門のクリニックは、朝早い時間に始まり早い時間に終わります。予約制ですので残業もほとんどありません。

また、病院と比べ看護師人数が少なく固定休のため、休診日以外の平日休みを取りにくいのが難点です。


仕事内容で比較

仕事内容でみると、総合病院の場合は、クラークや清掃業など専門分野に仕事が分かれていますがクリニックの看護師は何でもしなければいけません。

物品管理や、掃除、伝票・カルテ整理、物品の消毒・滅菌などです。
総合病院ならば採血は検査技師さんがやってくれるところがありますがクリニックは看護師がします。

採血や点滴のスキルが高いとクリニックでは重宝されます。

総合病院は、人事異動などで様々な科を経験でき、クリニックではその働いた分野の科に関してはかなり専門的なスキルを身につけることができます。

最先端の知識や技術を駆使しているクリニックもあります。
病院だから、クリニックだから高いスキルを身につけられるということはないようです。

また、クリニックは個人経営のところが多く、看護師の接遇が大きく経営に反映されますので、病院よりもさらに接遇のスキルが必要とされます。


クリニックは地域密着型

クリニックの多くは地域密着型で、自宅の近所で働くと患者に顔見知りが多く愛着がわくというのがメリットかもしれませんが、
良くも悪くも自分の噂話や身の上話が広まりやすいので注意が必要です。

クリニックも総合病院も、様々な科がありますし、形態や規模によってもかなり仕事内容が変わってきます。
自分のやりたいことなど希望を明確にして、まずは看護師専用の転職サイトに登録することをお勧めします。

求人情報を見るために登録することもできます。
転職会社のコンサルトに相談して実際に職場を見学させてもらうと雰囲気がわかり役立ちます。

シングルマザーのハッピーになる転職の仕方

nurse

最近は、離婚する夫婦が増えてきているため、シングルマザーとして働いている看護師も多いようです。
そして私もその一人です。

職場、実家や親せきの協力があれば、現在の職場で、仕事が続けられることもできますが難しい場合もあります。
都市部の病院を中心に子育て支援の整った職場が増えていますので、転職し新たな生活を始めるのも一つです。

病院にとっても知識や経験のある
中堅の看護師を確保したいという思いがあり、福利厚生も充実してきています。


託児所つきの職場もあります

気をつけなければいけないのは、年齢制限、時間制限や発熱など病児保育をしているか、夜勤をする場合は夜間帯も保育をしてくれるのか確認が重要です。

病児保育も小児科が併設されていると、医師の診察もしてくれますのでとても安心です。


保育園の利用

保育園のうちは延長保育で遅くまでみてくれるのですが、小学校に入ったとたん帰宅が早いため放課後クラブ探しに困っている人もいます。

放課後クラブが離れていると、低学年の場合は一人で通えるのかもチェックが必要になります。

放課後クラブがない場合は塾で補っている人もいますが、子供にあった塾が近くにあればいいのですが費用もかかり難しいようです。
子供の成長と生活を含め具体的に条件を出して考えてみましょう。


子育てと転職活動

小さい子供を抱えていると転職活動をするのは大変です。
そんな時、力になってくれたのは看護師専門の転職会社です。

ハローワークにはない案件が沢山あります。
どこの転職会社もサイトで登録無料ができ、転職までサポートしてくれます。

正社員として働くならばならば、子育て支援制度として、短時間勤務やフレックスタイムなど様々ありますが、
働いてすぐに活用できる職場は、ないに等しいと思っていた方がいいでしょう。

また、子育てに理解がないと職場ですと子供が体調を崩した時に、休むのが難しかったりよく思われない場合もあります。
ママさんナースが多い職場は、比較的理解されやすいでしょう。


子どもと一緒の時間を大切にする

シングルマザーで子育てをしていくには、お金が必要となりますが子供といられる時間は限られています。
無理をして体調を崩してしまう人も少なからずいます。

他人と比べず今あるものに感謝して無理をし過ぎないようにして下さいね。
子供が小さい時は思うように行かないこともありますが、健康で看護師の免許さえあれば、また仕事を見直しいつでも働き方を変えることができます。

人生は人様々です。自分の心と体を見つめて自分にあった仕事を見つけて下さいね。
お金も必要ですが母が元気で幸せでいると子供は喜びます。

また、自治体に相談すると様々な支援を教えてくれます。
子育て経験のある一般のご家庭が、低価格で育児に協力してくれるサービスを実施している自治体もあります。
シングルマザーで仕事を続けながら子育てをしていくには、一人で抱え込まないことが大切です。

育児と両立したいママさんナース必見 転職のコツは?

topkosodate

ママさんナースの育児と仕事。
両立するために考えるチェックポイントをまとめてみました。


1.残業がない

残業がなければ、スケジュールが組みやすいでしょう。

また、自分への負担がかからないため子供に余裕を持って接することができます。
保育園のお迎えや、余裕があれば、買い物やご飯の支度ができます。

気をつけなければいけないのは、保育園までは遅い時間まで延長保育をしているところが多いのですが
小学生になると帰宅時間が早くなり放課後クラブが近くにあればいいのですが、ない場合もあり就業時間を変更せざる得ない方もいらっしゃるので気をつけましょう。


2.日勤のみor夜勤を続ける

夜勤があると、生活が不規則になりお子さんやご家族への負担も増えます。
自分自身への疲労もたまりやすく無理が生じることが多いようです。

生活リズムが一定であれば健康的を維持しやすいでしょう。
しかし、子育て中でもキャリアを継続したい、高収入を得たいと考え夜勤を望む時は、夜間帯のお子様の対応をきちんと考えましょう。

夜勤を急に変更するのは難しいため、夜間対応してくれても病気時ににみてもらえないと無理でしょう。
病院併設で病児保育もしてくれるところがあれば安心して任せることができます。

ご主人や義父母、実家に預かってもらうときも、お子様が急な病気で具合が悪くなった時どうするか話しあい対応可能か確認をして望まないと
いくら身内でもトラブルの原因になります。


3.週末休み

お子さんの行事やご主人の休みは、たいていは週末です。

家族の擦れ違いがなく、家族との時間を多くとることができ
お互い無理をせず生活を送ることができます。


4.子育てに理解がある職場

特に子供が小さい時は、突然の病気やけがで予測の事柄で、急きょ勤務変更しなければいけないことも少なからずあります。

そんな時、職場に理解がないと育児制度があっても活用させてもらえなかったり、休むことができなかったりします。
例え休みがとれても、嫌味を言われる環境では仕事が続けにくくなるでしょう。

ママさんナースが多い職場では、理解されやすく人気があります。
また、看護師が少ないと代わりがいないため休みがとれません。

看護職員が多くいる職場か、大手会社が経営していて派遣看護師で代われるかなどきちんと確認をしておきましょう。


まとめ

お子様が小さいうちは思うように働けないこともあるかもしれませんが、
お子様と過ごせるのは今だけです。

いつかまた必ず働き方を見直せる機会がきます。
自分も家族も健康で看護師の免許さえあれば、いつでも看護師として働くことができます。

今大切なことは何かしっかり見極めて、自分にあった働き方を見つけて仕事も子育ても楽しみましょう。

デイサービスのお仕事と看護師の役割は?

97_pho4img

デイサービスとは、在宅でほぼ問題なく生活が送ることができる方が対象で、社会的な交流や機能の維持・改善、家族の負担を軽減する目的です。

高齢者が自宅から施設の送迎バスを利用し通いながら、入浴や食事、リハビリ、レクリエーションなどのサービスを受けます。
自宅に引きこもりがちな高齢者が外に出る機会にもなっています。

最近は、日中だけでなくお泊りデイも増加しつつあります。日中に引き続き同じ施設で寝泊まりし生活の援助を受けることができます。


職員の配置

配置基準は、常勤の管理者1名、生活相談員・看護師・介護職員・機能訓練指導員 各1名以上となっています。

小規模デイサービス(利用者10名以下)の場合は、看護職員または介護職員となっています。

利用者が10名以上いる場合は、看護師の配置が必須となります。
夜勤は介護職のみです。


デイサービスでの看護師

デイサービスでの看護師の主な仕事は、利用者の健康管理が主な仕事になります。

具体的に、バイタルサイン測定を基に入浴や運動が可能か判断したり、服薬管理、褥瘡や創の処置、爪切り、経管栄養、ストマの管理、インシュリン注射などや日常生活の介助です。

病棟勤務の経験があればほぼ問題ありません。
他、高齢者は足の爪や浮腫などに問題を抱えている方が多くいるため、フットケアの知識があるととても役に立ちます。


医療スタッフは看護師のみ

病院と違って体調が安定している方ばかりで、注射・点滴など医療行為がなく高度な看護師のスキルを必要とせず、介護職が主役でやりがいがないという声が聞かれることがあります。

しかし、デイサービスでは基本的に医師の配置はなく、医療スタッフは看護師のみですので役割は非常に重要です。
利用者やその家族、他の職種からとても頼りにされます。

病院受診の判断や本人・家族への説明、稀ですが急変時の対応など看護師の力量が問われるところです。

また、様々な職種の方と職種と協力して安心して楽しい時間が過ごせるような場となるように努める役割を担っています。
レクリエーションやコミュニケーションを通じて沢山の笑顔を見られることができます。


残業なし・土日お休み

勤務形態は、日勤のみで残業がほとんどなく土日祝日は基本的にはお休みです。

しかし看護師の数が少なく休みにくいというデメリットがあるようですが、大手の会社が経営する施設ですと派遣看護師で代用してくれるところが多いようです。

家庭や子育ての両立、プライベートの充実を考えている方にはお勧めの職場です。

仕事内容もデイサービスの形態により違いがあり雰囲気が合う合わないがあると思いますので、看護師専用の転職会社を利用していくつか施設を見学するといいですよ。

転職会社の方が、施設と連絡をとり見学や面接の日時の調整などパイプ役を担ってくれますので楽に転職活動ができます。

緩和ケア病棟のお仕事の実態は?

sa

日本は、今、2人に1人が「がん」にかかる時代となりました。

がん患者の増加にともない、がんを含む治療困難な病気の過程において、患者・家族の苦痛(身体的・精神的・社会的・スピリチャル)を和らげることでQOLの向上を目指す「緩和ケア」が注目されています。

しかし、まだ緩和ケアに力を入れている病院は少なく緩和ケア病棟の求人が少ないのが現状です。
なので緩和ケア病棟の仕事の実態についてもあまり知られていないのが実情でしょう。


医学的視点からケアする

緩和ケアにおいて最も重要視されているのが、患者のQOL(Quoritlity Of Life=生活の質)の向上です。
それぞれの患者が望む自分らしい生活に沿ったケアを提供していくという特徴があります。

それには苦痛を和らげることが重要ですです。
様々な苦痛や苦悩に対応し軽減するには、医師、薬剤師、ソーシャルワーカー、臨床心理士、PT、OTなどチームで取り組むのが基本です。

なかでも看護師は、家族・患者の医学的視点・日常生活の視点からケアする立場にあるためその役割はとても重要です。
患者の状態を全体的に見て把握できるのは看護師であり、他職種との連携やチームの調整役も担います。


寄り添う看護へ

また緩和病棟で働くと、今までは治療や検査、処置などにおわれDoingの仕事が主でしたが、
寄りそうということが重要になってきますのでBeingが主になります。

DoingからBeingへ変換するのは最初は大変ですが、寄りそわない限りは、患者さんの苦痛や苦悩の本質を把握することができません。

このように一般病棟とは異なり患者さんに寄りそう時間が長くその人に合わせた看護ができとてもやりがいがありますが、
その反面患者さんへの思い入れが強くなり、必要以上に共感したり、苦しみを背負ったりして精神的に苦しくなる看護師も少なくありません。


看護と死生観

それぞれが望む「最期」と迎える「最期」は違うこともあります。
身体的な苦痛は取れてもどんなに自分らしく生きたいと望んでも、家族の理解がなかったり、死への恐怖に苦しんで亡くなる方など様々です。

実際に死と向き合っているのは患者さんご本人で、人生も十人十色であり死生観も人それぞれです

そう言葉で言うのは簡単なのですが、冷静に物事を客観的にみて、自分の感情を受け入れコントロールしたり処理することが苦手な方は、精神的に負担を抱えてしまうかもしれません。

どうにかしようと感情移入して接するのではなく、感情をため込まず泣きたい時は泣ける、話しやすい環境をつくるなど死に向き合うサポートをする心づもりで取り組んだ方がいいでしょう。


超過勤務でも希望者多数

実際、緩和病棟に働くと、カンファレンスなどご家族のご都合に合わせて夕方遅くにすることが多く超過勤務が多いのも現状です。
研究などレポート作成などに追われるという話しもよく聞かれます。

それでもやりがいを求めて希望する人があとを絶ちません。
自分が希望する緩和ケア病棟の求人が来るのに時間を要するかもしれません。
また、緩和ケア病棟がある病院でなくても、がん診療連携拠点病院を探すのもお勧めです。

がん診療連携拠点病院は最先端のがん治療を行っていますが、近年は、がんと診断されたときから緩和ケアがスタートするという考え方に変わりつつありますので、治療だけでなく緩和ケアにも力を入れているところが多いようです。

そして、緩和ケアには、何よりもコミュニケーションのスキルが必要になってきますので今の職場でスキルアップに努め希望の求人を待ちましょう。

緩和ケアに興味があり従事したい方には、看護師転職サイトに登録することをお勧めします。
求人情報だけではわからない情報を知ることもできます。

健診ナースのお仕事の実態は?

採血中の女医

病気の予防や早期発見が世の中の風潮となっているため、最近では健康診断(以下、検診)を行うクリニックが増加傾向にあります。

なかには、健診が専門のクリニックもあります。

健診を行うにあたって看護師の役割は重要です。
主な業務として、事前の生活の聞きとりや検査の介助、採血、血圧測定などがあります。

ただ看護技術がもできるというだけでなく、正確な検査結果が得られるように介助したり、迅速かつ的確な手技で痛みの少ない採血ができる高い技術能力が必要です。

クリニックや病院の内科外来で多人数の採血をした経験がある方にはお勧めです。
採血に自信がない、日常的に行っていなかった看護師の転職先としては、ハードルが少々高いかもしれません。

他に、内視鏡の経験もあると重宝されます。


健診は、健康保険が適用されません

事業主や健康保険組合、個人が全額負担するケースなど様々で、健診メニューもクリニックによっては多様なオプションが用意されています。

人間ドックでは、高額な宿泊セットや旅行を兼ねたプランがあります。
自己負担で健診や人間ドックを受ける方は、日頃から健康意識が強く、医療知識が豊富な人が少なくありません。

また、受信者=患者ではないため、病気で治療を受けるために病院を受診する患者とは求めるニーズが違います。
看護技術に加え、検査内容などについて説明をきちんと行うこと、待ち時間をできるだけ短くするように工夫をしたり受診者の不安を取り除くような声かけをするなど細かい配慮をすることも重要です。

健診クリニックの場合、クレームで最も多いのは接遇だと言われていますので、サービス業としての接遇も求められるわけです。


流れ作業が多い仕事

健診では、多くの受診者を受け入れるため流れ作業になってしまい、やりがいを感じるのかと思われる方も時にいらっしゃいます。

しかし、健診で病気の早期発見ができたり、アドバイスを聞くことで健康の意識を高まり予防につながるという重要な役割があります。
なかには、健診で重篤な病気を指摘され不安になり動揺する方もいます。
この時、受診者に寄りそい気持ちを受け止め不安を軽減する役割も看護師にあります


残業なし・日勤のみ

健診クリニックの勤務形態では、日勤のみで残業はほとんどありません。
巡回検診を行っている場合は、早朝出勤のシフトがありますので確認が必要です。

病院勤務の看護師に比べると給与面では劣りますが、常勤はもちろん、派遣・パートでの募集が多く、結婚、育児などでブランクを作りたくない看護師にもお勧めです。

実際、ママさんナースには人気の勤務先となっています。
また保健師の資格をもっているならば、保健指導を担うこともでき、専門的な知識や能力を発揮できます。

健診のお仕事を探す際は、看護師専用の転職サイトを利用するとスムーズです。
登録は無料なうえに、転職までサポートしてくれますのでぜひ活用して自分に合った転職先を見つけて下さいね。

雰囲気が合う合わないもありますので、転職会社を活用し直接見学することもおすすめします。

地方から東京への失敗しない転職の仕方は?

photo01

東京の病院の 年収600万円 院内教育充実、残業なし ボーナス5.5カ月 寮・託児所完備 なんて夢のような求人をみて東京に憧れる人は多いはずです。

さらに、地方出身者は東京というだけで、交通の便が良くて流行のお店や人気のスポットがあってなんて夢が膨らみ、上京してみたものの「思っていたのとは違う」と挫折する人もいます。

そこで、地方から東京へ失敗しない転職ポイントをまとめてみました。


1.キャリアアップできる環境が整っているか

東京では、最新の知識と技術が学ぶことができスキルアップするチャンスに恵まれています。

どの病院に努めてもキャリアアップできるというわけではありませんが、キャリアアップができる病院が多いのは確かです。

しかし、キャリアアップできる有名病院などは、人気が高いため狭き門です。
そんな場合は、他の病院で経験を積んで採用されるための努力をして待ちましょう。

昇進も、地方では年功序列がほとんどですが、東京では関係ありません。仕事のできる人が昇進していきますのでやりがいにつながるかもしれません。

また、就職形態も、正社員だけでなく派遣、アルバイト、パート、契約など多様です。

看護師のアルバイト時給の相場は1,800〜2,000円ですので、自分のペースで派遣やアルバイトをしながら生活をして学校に通っている人もいます。
他、地方と違って病院だけでなく企業や学校などの求人もありますのでキャリアアップの視野や可能性が広がります。


2.給料について

働く環境によって違いがありますが、地方に比べて平均年収が多いいのは確かです。

その反面、物価や家賃の相場が高く、流行な物や美味しい食べ物の誘惑が多くいくらお金があっても足りないなんて人もいます。
そして、気をつけなければいけないのは給料が多い分仕事がハードな職場もあります。地元であれば病院の評判が耳に入りやすいのですがそういうわけにはいきません。

ですので東京に転職を考えるならば看護師転職サイトに登録し担当のコンサルトに相談しましょう。
求人情報にのっていない情報を知ることもできますし、面接から就職まで細部にわたってサポートしてくれます。


3.生活環境が自分にあっているかどうか

地方と違って生活環境ががらりと変わります。

まずは、なんといっても人の多さに圧倒されます。交通の便が良いため、たいていは車から電車などの交通機関を使った移動となりますが満員電車の混雑は予想以上に一苦労します。

住環境については、家賃が高い割にはワンルームで狭く日当たりが悪いなんてことはよくある話です。
給料と家賃のバランスを考えることも必要です。

しかし、東京の面白いところは区によって特徴があり生活のしやすさが違ったり、23区外だと意外と自然が多く物価や家賃相場がやや安くなり生活するのには人気があったりします。

23区外に希望の職場があればいいのですが、離れている場合はどのくらい通勤にかかるか、乗り換えに不便はないか、終電は何時まであるか、満員電車に耐えられるかなど具体的に確認して決めましょう。

仕事を続けていくには、自分がリフレッシュできる生活環境も大切です。


まとめ

東京でしか得られないものもあるかもしれませんが、地方でしかできないことや良いところもあります。

目的や夢を持つことは素晴らしいことです。
上記をふまえて、自分が本当にしたいことは何か、将来どうなりたいか考え比較しながら探していきましょう。

内科看護ってどんな感じ? 特徴と役割

20110602224843-41

一言で内科と言っても、最近は消化器・循環器・呼吸器・神経内科などと細分化されていますが、
ここでは一般・総合内科について説明します。

一番の特徴として、慢性期疾患の方や高齢者が多いということです。
急性期の患者さんもいますが、慢性的な基礎疾患が増悪して発症する事例が多いでしょう。

内科は、慢性疾患で入退院を繰り返したり、長期の通院となる患者さんやターミナル期にに関わる割合が他の科に比べ高いでしょう。

よって一人の患者さんとじっくりと関わり知ることができるのが魅力の一つです。
退院調整時やターミナル期においては、患者さんだけでなくご家族との関わりもより密接になってきます。


内科看護に必要な資質

慢性期が多いと言っても急変も時にはありますので、的確な判断力と冷静さは必要です。

また、少しの変調に気づくことで急変・悪化するのを防いだり、早期発見により大事に至らないこともありますので
普段から、患者さんをよく観察することがとても重要になります。

高齢化が進むにつれて認知症の方も多く、言葉による訴えだけでは必要な情報収集ができませんので、より細やかな観察やコミュニケーション能力が必要とされます。


物足りなさを感じる看護師も

外科や救急で経験をし、変化を求めたり目まぐるしく働くことにやりがいを感じている方には、物足りなく感じる方もいるようです。

内科は患部が見えず、外科のように目に見えて回復するという実感が感じにくいかもしれません。
しかし、日々同じように見えても言葉だけでなく表にでない訴えに耳を傾け、変調はないか、本当は何を訴えようとしているのか深く洞察することで看護の真髄を味うことができるでしょう。

私は、ICUや外科も含めいろいろな科を経験しましたが、内科には、内科でしか経験できない奥深い面白みがあります。

外科のように処置が少なく処置や技術のスキルアップはできないかもしれませんが、コミュニケーション能力を磨くことができます


病棟・外来・クリニックの違い

内科看護師の業務は、病棟か外来・クリニックによって異なります。

病棟では、高齢者でADLの低い患者さんが多いため、食事・排泄などの身の回りの日常生活援助が欠かせません。
また、生活習慣病の方も多いため生活指導に時間を費やすこともあります。

外来・クリニックでは、他の科でも同じかもしれませんが、短時間で医師の指示を把握し患者さんへの説明・指導を行える能力が求められます。

ある程度の経験を重ねないと難しいかもしれません。
臨床経験が3年以上などと募集条件を提示しているところがほとんどです。

同じ内科でも科目別、方針や診療体制によりかなり違いがあります。
進路を選択する場合は、看護師転職会社のコンサルティングの方に相談することをお勧めします。

雰囲気が合う合わないもありますので、実際に職場を見学をさせて頂くと良いでしょう。

ICU看護師のおもな仕事内容と役割

icu

ICU(集中治療室)とは大きな手術の後や多臓器不全など重症で一般病棟では管理しきれず、高度で専門的な治療が必要な患者さんがいます。

急性期である患者さんの容態を24時間管理し、より効果的な医療や看護を提供する部署です。すべての診療科の患者さんがいるのも特徴です。

ICUの看護師の主な役割として5つあげられます。


異常の早期発見

1度急変すると命を落とす危険性が高い状態ですので、できるだけ早く異常の発見に努めなければいけません。

常にモニターによりモニタリングしているだけでなく、1〜3時間毎にバイタルサインを含め全身を観察します。
それらの情報から何が起こっているか予測をしていくことで早期発見につながります。


安心して快適に過ごせるケアの提供

重篤な状態であるがゆえに、意識レベルが低下し意思疎通が図ることができなずコミュニケーションがとりにくい場合があります。

治療を重点に置かれ沢山のモニターや、点滴のラインを取りつけられ器械に囲まれた緊張感のある環境ですが、そんな中でも安心して快適に過ごせるように日常生活の援助を行っていくことが大切です。

日常生活の補助という看護の基本は他の部署と変わりありません。
事故や急変などで知らないうちにICUにいるという患者さんもいますので、精神的なケアも必要となります。


医療機器の管理

ICUに収容されている多くの患者さんは、生命維持・管理するために人工呼吸器や心電図など医療機器は不可欠なものです。

万が一のトラブルにも確実に対応することができるようにしておかなければなりません。
そのため定期的に勉強会が行われます。


ご家族へのケア

いつ急変するか分からない状態にある患者さんのご家族は、気が動転していることがが多いものです。

その上、面会時間が短く限られ、面会すると様々な医療機器に囲まれて意識がなく横たわっているのを見るご家族の不安は計りしれません。

その不安の軽減に努めるのが看護師の役割です。非常にナーバスになっていますから、何気ない一言で心を傷つけることがありますので細心の配慮が必要です。

患者さんの状態をわかりやすく説明し、家族が今の状態をどのように受け止めているか把握し対応していきます。


医療スタッフとの連携

ICUでは、短時間の間に、一人の患者さんに多くの職種が関わり治療に取り組みます。
この時、スタッフ間の情報の共有・連携が取れていないと適切な治療ができず命取りになる可能性があります。

いつ状態が急変するかわからないため、常に気を張っていなければなりません。一瞬の気の緩みが、患者さんの命を危険にさらすことになります。

どのような緊迫した状況であっても対応できる幅広い知識と判断力、高度なスキルが必要とされ、重い責任とプレッシャーから精神を消耗することがあります。

しかし、重症な患者が多いため自発呼吸ができたことや意識が戻っただけでも、喜びはとても大きいものです。
自分が普段何気なく当たり前のようにしている呼吸ですらも、ありがたく感じ人知では計り知れない命の尊さを実感します。


ICUに向いているのか?

最初は、厳しくつらいと感じるかもしれません。

それを乗り越え、学んだ知識が実際に役立ち行動ができた時は、ICUでしか味わえない充実感とやりがいを感じられることでしょう。
ICUで身につけた全身状態のアセスメント能力は、どの診療科にいっても通用します。

あと自分はICUに向いているかどうかとても気になることですね。

ずばりICUに向かないのは大雑把で責任感のない人です。
どちらかというと几帳面な人の方が向いているでしょう。

非常に高度な治療に関わることになりますので、「まあいいっか」「多分」「これくらいかな」や大雑把なやり方は許されません。
多くの点滴ルートや輸液ポンプの設定、人工呼吸器の設定や値など過信せず一つ一つ自分の目で確実に確認していく業務が大半です。

また、急変が日常茶飯事ですので臨機応変に対応することも必要になってきます。
目標を持って日々やっていればある程度身についてきますが、まずは自分と向き合って自分をよく知った上で判断した方がいいでしょう。

老人ホームで働きたい!種類と仕事内容

2012012315490702

老人ホームで働く魅力と言えば、
病院と違って長くじっくりとその人の人生を知り生活に関わることができることです。

しかし、 一口に老人ホームと言っても、
目的や介護度の程度により利用できる施設が決まり何種類かあります。

種類によって仕事内容が変わってきますので、
老人ホームで働きたいと思っている方はぜひ参考にして下さいね。


老人保健施設(通称 老健)

リハビリに重点をおき家庭での自立した生活を目的としています。

ここでは、医学的な管理のもとで介護や看護・リハビリが受けられますが、リハビリを目的としているため、入所期間が3カ月となっています。

病院で治療を終え自宅に戻るための準備や、他の施設へ移るための準備に利用している方がほとんどです。

夜勤が原則的にありますが、高度な医療知識が必要とされず、
医師の常駐があり看護師の配置が多いためブランクがあっても働きやすいかもしれません。


特別養護老人ホーム(通称 特養)

常に介護が必要とする高齢者が、家庭で適切な介護が受けられなくなった場合に入所し利用する公共の施設です。

施設サービス費が他の施設に比べて安いため、年単位という長期間入所待ちをして入所してきます。
居に当たっては、重度の方を優先しているため、要介護度4〜5の人が大半です。

生活の拠点であり終の住み家となっています。

医療的な処置は比較的少ないですが、医師が常駐していないため看護師の医学的な判断がゆだねられるのである程度の経験が必要でしょう。
多くの求人では、2〜3年以上と明記してあります。

原則は日勤のみでオンコール体制になっています。オンコールと言っても駆けつけることはまれです。
最近は、看護師の夜勤を導入している施設が少しずつ増えてきています。

施設の形態で従来型(多床室)、ユニットケア型で仕事内容が違いますので、実際に見学されることをお勧めします。



有料老人ホーム

療養型病床廃止法案を受け、高齢者マンションや介護付きホームなど様々な形態の有料老人ホームが増えてきており、看護師の求人も増加しています。

有料老人ホームには、「介護付き」「住宅型」「健康型」の3種類あり、看護師の求人は主に、「介護付き」になります。
ただし1、住宅型や健康型のホームにもコンサルジュとして看護師を配置している施設もあります。

居室のすべては個室となっています。入居時に支払う一時金の他、1か月の費用負担は高額です。
本人ご家族の期待が大きくホスピタリティや接遇面でのニーズも他の施設の比べて高いでしょう。

その施設の方針や形態によって、どこまで医療的な処置をするか大きく異なります。オンコール体制や夜勤の有無も施設によりそれぞれです。

看護師の転職会社を通じてよく確認することが重要です。
大手企業が経営している場合は、福利厚生が整っており自分が休んでも派遣看護師で補充してくれたりと休みが比較的取りやすいでしょう。

医師は常駐しているところは稀です。しかし多くは24時間体制で連絡が取れ訪問診療をしてくれるクリニックと提携していますので安心です。



グループホーム

認知症の高齢者が、少人数(5〜9人)で家庭に近い雰囲気の中で介護や支援を受けながら可能な範囲で食事の支度や洗濯など家事を行い、自宅に近い状況で生活を送ることを目的とした場所です。

他のスタッフと共に利用者の能力に応じて
日常生活が自立して営めるようにサポートすることで、時には認知症の症状の改善が見られたり進行を遅らせることができます。

人員基準では、常勤の看護師の配置を規定していませんが、急変時の対応・健康管理という面で積極的に看護師を採用している施設が増えてきています。

医療処置はほとんどありませが、医師がいませんので看護師の医療的な判断に任せられることが多く、病院での経験年数がある程度必要です。
また、正しい認知症の知識を得ることも大切でしょう。


まとめ

他、経費老人ホーム(A型・B型)ケアハウスなどもあります。

その老人ホームの雰囲気や仕事内容の細かいことは、看護転職会社のコンサルテーションを通じて確認したり見学しなければ分からない事ばかりです。
老人ホームに転職する際には、必ず看護転職会社に相談し慎重に決めることをお勧めします。

PAGE TOP ↑